米国での建築許可にはいくらかかりますか?

Cu Nto Cuesta Un Permiso Para Construir En Estados Unidos

建物の許可費用はいくらですか

家を建てることを許可します。 建築許可の全国平均費用はおよそです 1,184ドル 。所有者は 396ドルと1,973ドル 。に応じて 私が住んでいる都市 、コストは同じくらい高くなる可能性があります $ 7,500 、小さな町は充電することしかできませんが $ 100 によって。

あなたが建設プロジェクトを引き受けるか、家を改造するつもりであるならば、許可はによって維持される重大な要件です 州および地方自治体 建築基準法の安全性への準拠を確実にするため。通常、あなたは建築許可が必要です あなたの家の構造の追加、改修、さらには電気または配管プロジェクト

全国平均 $1,184
典型的な範囲 $396-$1,973
ローエンド–ハイエンド $150-$5,900

建築許可費用

許可証の種類平均費用
家を建てる$ 1,200- $ 2,000
ガレージ変換$ 1,200- $ 1,500
電気の$ 10- $ 500
屋根$ 225- $ 500
選ぶ60ドル
配管$ 50- $ 500
空調$ 1,200- $ 2,000
工事$ 1,200- $ 2,000
トイレ$ 1,200- $ 2,000
カバー$ 0- $ 500 *
小屋$ 0- $ 2,000 *
パーゴラ$ 0- $ 2,000 *
建物検査$ 200- $ 500
地下$ 1,200- $ 2,000
260ドルから600ドル
解体$ 200

* 0ドルの価格帯は、仕事の複雑さによっては、特定のプロジェクトが許可を必要としない場合があることを意味します。

建築許可の平均費用

の全国平均価格に加えて 1,200ドル 建築許可については、いくつかの州が、新しい建設または改造プロジェクトに関して、独自のガイドラインに基づいて運営されています。以下は、カリフォルニア、オレゴン、アイダホの標準的な手順と価格です。

カリフォルニアの建築許可費用

州内の新しい建物の建設とほとんどの改造作業には許可が必要です。一般に、管轄権は各郡に居住者の決定を任されているため、建築許可の州価格はありません。ただし、許可料の合計は、 6%と18% あなたのプロジェクトの総予算の。

オレゴン建築許可費用

幸いなことに、この州では建築許可に多くの制限があり、プロジェクトの総費用に基づいて料金のみが請求されます。たとえば、費用がかかるバスルームの改造がある場合 10,000ドル 、あなたの予想される許可料はおよそです 300ドル また 3% 。配管、電気および機械工事に関する追加の許可については、料金は施設の総数または種類によって異なります。各郡はこれらの費用に対して独自の価格設定モデルを提供しているため、正確な見積もりについては地方自治体に確認してください。

アイダホビルの許可費用

オレゴンと同様に、アイダホはプロジェクトの総建築許可料を計算するための鑑定価格モデルを提供しています。たとえば、 10,000ドル 部屋の追加では、あなたはちょうど上の許可料を期待することができます 250ドル また 2.5%。 州全体の他の郡も同じように運営されていますが、必ずしも許可パッケージの一部ではない追加の検査料金が発生する場合があります。一般検査料は以下 1時間あたり50ドル

住宅建築許可費用対。商業

これらの2つのタイプのプロジェクトは、許可の取得に関しては類似していますが、商業ビルはより高価になる傾向があります。

商業ビル:

  • ビジネスを代表する
  • 要件と承認プロセスはより厳格です。
  • 許可と検査の料金は厳しくて高価です

住宅:

  • 家族、カップル、個人の生活空間を代表します。
  • 要件と承認プロセスはケースバイケースであり、多くの場合それほど厳しくない
  • 許可と検査の料金は、郡の規制、場所、および完了した作業の種類によって異なります

商業ビルは、あらゆるタイプの新築または改造のために居住スペースと同じ建築許可を申請する必要がありますが、許可申請料金とともに合計費用に追加の評価が適用されます。ほとんどの場合、それは 1%と5% 建設許可に加えて契約額の。

さらに、商業ビルは州および地方の規制に準拠するために厳しい検査料金の対象となりますが、住宅用不動産はしばしば建築許可パッケージの一部である郡料金の対象となります。これら2種類の物件の正確な価格については、建設を開始する前に地方自治体に確認してください。

建築許可とは何ですか?

建築許可は、不動産の法的に認可された建設または改修を開始するために必要な公式文書です。州、郡、市、または町を含む各管轄区域には、許可証を発行するためのさまざまな要件があり、許可証に関連するさまざまな建築基準法および料金があります。

基本的に、 許可および検査委員会または NS 建物およびゾーニングボード ビルダーが計画を提出すると、所有者の許可が何であるかを知っています。料金が支払われると、許可証が発行されます。後で、代理店は構造を検査して、コードに合格していることを確認します。

なぜ許可が必要なのですか?

建築許可の根拠には、公衆衛生と安全、建設品質の一貫性、およびより簡単な不動産評価が含まれます。これらの中で最も重要なのは健康と安全です。不適切に建設された、配線された、または配管された建物は、不動産の所有者または居住者だけでなく、より多くの人々に影響を与える危険な状態につながる可能性があります。これらの状態には、不十分な配線による火災、不十分な配管による病気、および不十分な構造的完全性による人身傷害のリスクが含まれる可能性があります。

許可はいつ必要ですか?

この質問への答えは、地元の建物や改修の規制によって異なります。一般に、都市部と郊外の地域は農村部よりも多くの許可を必要とします。しかし、予防は常に治療よりも優れています。

以下は、建築許可を頻繁に必要とする状況です。

新築

新しい家や他の構造物の建設や建設には、一般的に許可が必要です。このカテゴリには、ゲストハウス、ガレージ、倉庫、ガゼボなどの構造物が含まれます。多くの地域では、コンクリートに配置されている場合、柵やプライバシースクリーン用の特別な建築許可も必要です。

部屋の追加または変換

これには、家に新しい部屋やサンルームを追加することも含まれますが、地域の条例に応じて、パティオ、ポーチ、デッキの建設も含まれます。ガレージを囲むことは、家の暖房スペースを増やすので、追加と見なすことができます。

大規模な改修

これには、古い家の修復から、古いキッチンやガレージの改造から退屈なバスルームへの改修まで、すべてが含まれます。一流の修理工を購入した多くの新しい住宅所有者は、古い家を改築する許可を申請しなかったり、提示された改修計画から大きく外れたりして、ここで問題を抱えています。

構造変化

構造の変更には、一般に、壁の追加や削除、屋根裏部屋や地下室の仕上げなど、構造の骨の変更が含まれます。解体は別の例です。これらの許可は、構造の耐荷重部分が変更された場合に特に重要になる可能性があります。変更が不十分な場合、構造が安全でないと非難される可能性があるためです。

電気、配管、機械工事

これらの3つのエリアは、膨大な量の潜在的な建設または改修工事をカバーしており、実際の建築許可に加えて、個別のフォームが必要になる場合があります。このタイプの作業の例としては、外部照明の設置、温水浴槽の追加、ガレージのドアの交換などがあります。地域によっては、これらのプロジェクトの中には許可が必要なものもあります。他の場所では、そうではないかもしれません。洗練されたホームオートメーションシステムをインストールする場合も、許可が必要になる場合があります。

許可を得る方法

所有者または請負業者は、適切なフォームに記入し、物件の場所に応じて、建築許可を管理する地方自治体に料金を添えて返送する必要があります。許可証はすぐに承認されるか、変更が必要になるか、さらに審査を受けることができます。これは複雑なプロセスになる可能性があります。最終承認が与えられ、建築許可が発行されるまで、建設は開始されるべきではありません。

許可サービスとは何ですか?

許可サービスは、所有者または請負業者に代わって建築許可申請プロセスを管理する会社です。平均して、あなたは間で支払うことを期待することができます 1時間あたり35ドルと70ドル 建築許可サービスまたは促進許可サービスをいつ雇うか。また、プロセスが特に難しい場合は、旅行、コピー、マイル、残業に追加料金を支払う必要がある場合があります。彼らが提供するサービスの概要は次のとおりです。

  • あなたに代わって事務処理を完了するように注意してください
  • 追加または不要なコストを回避するために、料金と検査を追跡します
  • プロセスを合理化するための要件を許可するための優れた知識。
  • それはあなたが建設や改修の楽しい部分に集中することを可能にします。

許可サービスは、各フォームが正しく記入され、各許可が正確に正しいことを保証し、プロセスの問題を回避します。 許可サービスは、住宅所有者がプロジェクトに関する罰金、作業停止命令、または法的措置を回避するのに役立ちます。持っていると、悪い検査や不注意による許可違反の可能性が減ります。 一般に、サービスを許可することで、構築の方程式からストレスやフラストレーションの一部を取り除くことができます。

許可証の実際の費用は、物件の場所とそこで行われる作業の種類によって異なります。多くの住宅所有者にとって、許可を申請するプロセスは困難に思えるかもしれませんが、罰金またはさらに悪いリスクを冒さずに回避することはできません。これらのサービスは、すべての事務処理を処理したくない住宅所有者にとって優れた代替手段です。

よくある質問

建築許可の費用はいくらですか?

許可証を作成するための最終的なコストは、プロジェクトの種類とその複雑さによって異なります。ただし、 1,200ドルと2,000ドル 住宅建設プロジェクトを実行する際の許可料。たとえば、部屋の追加許可には費用がかかる場合があります 1,500ドル、 バスルームの改修中に費用がかかる可能性があります 1,200ドル。 正確な見積もりと事前の計画については、地方自治体に確認してください。

建築許可には何が必要ですか?

建築許可が必要なプロジェクトは次のとおりです。

  • あなたの家への新しい建設。
  • 部屋の追加または変換
  • あなたの家または屋外の生活空間への大規模な改修
  • あなたの家または屋外の生活空間への構造変化。
  • 自宅または屋外の生活空間で行われる電気、配管、または機械の作業。

建築許可を取得するのにどのくらい時間がかかりますか?

申請書を提出してから、住宅用不動産が建築許可を取得するまでに通常2週間かかりますが、商業用不動産が承認されるまでに最大4週間かかる場合があります。小規模な仕事の許可は同じ日に受け取られる場合がありますが、必要な書類と迅速な変更の対象となる仕事については、地方自治体に確認する必要があります。

許可なしに建設するとどうなりますか?

あなたが許可なしに建物を捕まえた場合、あなたは強制されるかもしれません プロジェクトを閉じる重い罰金を支払う コンプライアンスを取得します。場合によっては、許可ライセンス違反により、プロジェクト自体の合計と同じかそれを超えるコストが発生する可能性があるため、プロジェクトの作業を開始する前に許可を取得することをお勧めします。

所有者は自分の許可証を引くことができますか?

はい 、家主は地元の代理店に相談し、住所と個人情報を提供することで、自分の許可を得ることができます。これは、許可を失い、追加のコピーが必要な住宅所有者または請負業者にとって有用なリソースです。

オーナービルダー許可とは何ですか?一つ必要?

オーナービルダー許可証は、プロジェクトで行われる作業に対して個人的に責任を負わせるタイプの許可証です。すべての建設を自分で行い、自分の請負業者として行動する場合は、このタイプの承認を得る必要があります。

全体として、下請け業者や日雇い労働者を雇うために追加料金を請求する可能性のある他の誰かにこの作業をアウトソーシングしないことで、お金を節約できます。ただし、このタイプの許可の主な欠点は、期限が間に合わなかった場合、または雇用した労働者が仕事で負傷した場合に、大きな経済的リスクにさらされることです。

ガレージ変換許可費用

ガレージ変換費用の許可 1,200ドルと1,500ドル 。ほとんどの都市では、このタイプのプロジェクトは家の延長と見なされ、作業を実行するには一般的な建築許可が必要になります。配線、HVACの設置、コンセント、エアダクト、通気口などの構造上の側面により、価格が高くなります。

電気許可費用

このタイプの許可取得には、 10ドルと500ドル プロジェクトの電気的ニーズの量と複雑さに応じて。電気工事の費用は、以下によって異なります。

  • 回路の総数
  • アンペア
  • プラグ
  • インストールされた出力

個々に、これらのコンポーネントは手頃な価格ですが、大量かつより高い電圧になると、価格が急騰し、許可コストが増加する可能性があります。小さな修理(ランプの交換やシーリングライトの修理など)には許可は必要ありませんが、配線や新しい場所への配線が必要なプロジェクトには許可が必要です。

屋根ふき許可費用

あなたが家や構造物の屋根を張り直すことを計画しているなら、あなたは間に支払うことを期待することができます 225ドルと500ドル 許可を得るために。最初の建築許可は家を改造するときに屋根をカバーするので、他のプロジェクトを1つのライセンスにまとめることでお金を節約できます。ただし、屋根の許可は、1回限りのプロジェクトの個別の要件です。通常、最初までカバーします 1,000平方フィート 、ただし、その後、追加の平方フィートに対して追加料金を支払う必要がある場合があります。請負業者を雇うとき、彼らは彼らの最終的な請求書に屋根の手当の費用を含めることができるはずです。

柵許可費用

あなたは周りに支払うことを期待することができます 60ドル 柵の許可のため。柵の許可の必要性はあなたが住んでいる場所に完全に依存します。たとえば、人が多い都市に住んでいる場合は、おそらく柵の許可が必要です。いいもの 原則 考慮に入れるべきはより少ないの柵が 高さ6フィート 彼らは一般的に許可を必要としません。

配管許可費用

これらのプロジェクトの許可の平均費用は 50ドルと500ドル 。配管は電気工事と同じように機能します。つまり、その複雑さは同等の価格であり、モデルを許可します。以下が必要なものはすべて承認が必要です。

  • 再配管
  • ドレン交換
  • 下水道の交換
  • 新しい配管設備
  • 新しい給湯器の設置

また、各配管プロジェクトのライセンスの費用は多少異なります。これらの料金を回避する良い方法は、完全な家または浴室の改造を計画することです。そうすれば、少しずつではなく、仕事のすべての側面をカバーする許可を得ることができます。

HVAC許可コスト

これらのプロジェクトでは、家全体にエアダクトと通気口を設置する必要があるため、通常、 1,200ドルと2,000ドル 。合計すると、それらは一般的な建築許可要件に該当し、請負業者はこの料金を冷暖房システムの設置の合計価格に含めることができるはずです。壊れたアプライアンスを交換する場合でも、最終検査に合格し、請負業者、HOA、所有者などからの機能を確認するための許可が必要です。

建築許可費用

これらの許可の間のコスト 1,200ドルと2,000ドル、 家全体やプロジェクトの構造変化を正当化する多くの要素が関係しているからです。たとえば、これらのプロジェクトは、一般的な建築許可と同じコストを共有できます。

  • 内壁を削除または構築する
  • コンクリートの地下室を注ぐ
  • パティオを建てる
  • キッチンのリフォーム
  • 屋根の修理は建設に関係しています。

家を建てる最終的な費用を計画するときは、請負業者、建築家、またはエンジニアに必ず確認して、正しい許可要件をすべて満たしていることを確認してください。最終価格に1つの見積もりを含めることができるはずです。

トイレの許可費用

バスルームを修理したり、家に追加したりするには許可が必要です。 1,200ドルと2,000ドル 。検査に合格するには、これらの各タスクを実行するための一般的な建築許可が必要になります。

  • 配管
  • 電気の
  • 工事
  • 空調

請負業者は、バスルームを改造するための最終的な費用であなたに1つを提供することができるはずです。

カバー許可費用

家や屋外スペースへの既存の屋根については、許可は必要ありません。ただし、新しいデッキを構築するための最終的な費用には、最大で許可料が含まれる場合があります。 500ドル 。カバーの良いところは、通常、配線、屋根、プラグなどの特別な建築コンポーネントを必要としないことです。

場合によっては、カバーをどこまで拡張できるかを評価するために測量士を雇う必要があります。また、プロパティに追加の構造を構築することを計画している場合は、ホームゾーンを変更してオプションを検討することが有益な場合があります。どちらの場合でも、あなたの請負業者はあなたの屋根ふきプロジェクトに必要な許可をあなたに提供することができるはずです。

小屋許可費用

電気、配管、プラグなどの居住可能なアイテムを含む小屋には、最大で費用がかかる可能性のある建築許可が必要になります 2,000ドル 。同じルールが、広いエリアをカバーし、ゾーニング制限に反する小屋にも適用されます。

小屋の面積によっては、小屋を建てるのに許可が必要ない場合があります。小屋の設置 6フィート×8フィートまたは8フィート×8フィート 通常、ほとんどのコンプライアンスに該当し、許可を保証するものではありません。実際、最小限のメンテナンスで追加のストレージに最適なスペースである既製の小屋を地元の金物店で購入することもできます。

郡ごとに要件が異なるため、小屋プロジェクトの最終的な費用にその合計を開始して作業する前に、必ずお住まいの地域に確認してください。

パーゴラ許可費用

ほとんどのパーゴラは完全に屋外の建物ではないため、設置許可は必要ありません。それらは一般に屋根が覆われておらず、構造物を支える支柱は地面の奥深くまで浸透せず、一般に複雑な照明システムや電気配線もありません。

それを念頭に置いて、プロジェクトにこれらの側面のいずれかを含めることを計画している場合は、一般的な建築許可が必要になる可能性があります。 1,200ドルと2,000ドル 。パーゴラの製造コストは、その設計によりすぐに加算される可能性があるため、許可の必要がなく、承認要素が心配な場合はセットアップが簡単なプレハブのパーゴラキットの購入を検討してください。

建物検査料

あなたのプロジェクトが完了したら、あなたは仕事を承認するか、あなたの家の評価を提供するために建物の検査官を雇う必要があるかもしれません。平均して、住宅所有者は 300ドル このサービスでは、通常の範囲は $ 200500ドル

少し調べて、検査官からさまざまな見積もりを入手してください。また、家の大きさ、家の複雑さ、全体​​的な検査時間などの要素はすべて、最終的な価格を決定する上で役割を果たすことに注意してください。もう1つ覚えておくべきことは、プロジェクトの建築許可を取得した場合、プロジェクトの完了時に無料の検査プロセスが付属している必要があるということです。

地下室許可費用

あなたは間に支払うことを期待することができます 1,200ドルと2,000ドル 地下室改造の最終費用の範囲内で許可を得るため。地下室は家の中にあり、通常、電気、配管、暖房、冷房などのさまざまな居住可能なコンポーネントが含まれており、追加の建設作業が必要になる場合があります。このためには、すべての作業が準拠し、コードに準拠していることを確認するために、一般的な建築許可を取得する必要があります。

窓の許可費用

既存の窓を修理または交換するには、ほとんどの市や郡で、 200ドルと600ドル 。窓の許可の理由は、新しいものが安全とエネルギーのコードを確保するために特定の基準を満たさなければならないということです。

たとえば、コンセント、強化ガラス、煙探知、二酸化炭素探知、エネルギー効率の基準があります。良いニュースは、窓の許可証は窓ごとに店頭で購入できるということです。 1つのウィンドウのインストールの許可には費用がかかる場合があります $ 200 、 どこ 2〜5ウィンドウ 費用がかかる可能性があります 400ドル 。プロジェクトを開始する前に、必ず地方自治体に価格の計画を確認してください。

解体許可費用

解体サービスを雇うとき、建設許可の平均費用 $ 200 通常、最終的な見積もりの​​範囲内です。一方、大都市では解体価格がはるかに高くなる可能性があるため、正確な価格を決定するには、必ず地方自治体に確認してください。請負業者と協力している場合でも、解体の費用を含めて、プロジェクトのクリーンアップを可能にする必要があります。

情報源: HomeAdvisorHomeSelfeInvestopedia.com

コンテンツ